海外旅行の情報を集めよう

海外旅行では情報収集が大きな鍵を握っています。知っているのと知らないのとでは旅の面白さも大きく変わってきます。

行き先の一般的な情報(気候や生活様式など)はもちろんのこと、歴史や文化などについても知識があれば、同じものを見てもまったく印象が変わってくるはず。旅行から帰ってきて『えぇ〜そんなのあったの?』『えぇ〜そんなこと、できたの?』などということにならないように情報を集めましょう。

よいガイドブックを選ぶには
一般的な情報を広く網羅しているので、大まかな概要をつかみやすいです。
書店には何種類もずらりと並んでいるので、きっと迷うと思います。そんなときには一番売れているもの、つまり版を重ねている本を選ぶのがポイントです。売れ行きのいいものはひんぱんに改訂されるので、常に新しい情報が載っています。(発行日などをチェックして!)

ガイドブックには、初心者向け、個人旅行者向け、リピーター向けなどあるので自分にあったものを選んでください。

旅行会社のパンフレットを利用する
旅行会社のパンフレットには写真をふんだんに使って、ホテルの説明や簡単な見どころ、催し物ガイド、さらに各地の名物料理の紹介やショッピング情報、気温や湿度、お祭などの情報が紹介されています。

パンフレットは、信用できる旬の情報満載のミニガイドブックです。

政府観光局は情報の宝庫
その国の最新情報を入手するには各国政府観光局に聞くのが一番。
ホテルガイドやドライビングマップなど旅行者に便利な冊子がそろっています。(英語版も多かったりしますが・・・・)

最近ではインターネットのホームページやファックスサービスなどから情報が得られるのでまずこちらからチェックしてください。

それでもわからなければ直接電話で問い合わせる。(なかなかつながらなかったり、無愛想だったりしますが・・・)そのときには質問は具体的なのを用意しておきましょう。


書籍・TV番組など
行き先のイメージをつかんだり、知識を深めるのに役立ちます。ただし、著者、製作者の主観の強いものや、エンターテイメントを重視したものが多く、客観性に乏しいので、あくまでも参考程度にしてください。

以前、2月にパリに行ったとき、お客様が、『添乗員さん、シャンゼリゼ通りどうして綺麗にイルミネーションしていないの?』って聞かれました。あれはクリスマス前だと答えると、『え〜〜、テレビで見てすごく綺麗だと思ったから、このツアー選んだのに』
とお叱りを受けました。

耳寄り情報はフライトアテンダントに
現地の事情通から生きた情報を獲得するには、フライトアテンダントが強力な味方です。
彼女(彼)らは、何度も現地にフライトしてショッピングやグルメに精通しています。

ただし、相手は仕事中なので、根掘り葉掘りは聞けない。タイミングを計って話しかけてください。照明が消えて、映画の放送が始まったころがいいタイミングです)

実は、わたし、スッチー(古いですね)が大すきなのです。みなさんイメージ的に黒木瞳似のあの知性に満ちた顔立ち、やさしい言葉遣い、最高です。もちろん席はスッチーと対面するシートです。(このノウハウはまた後日・・・)

あっ、ヨーロッパ系、アメリカ系の航空会社の方は苦手です。なんか肝っ玉かあさん(これもまた古い)似の怖い方が多いです。

知人から
細かい点は実際に行かなければわからない事も多いので、その国をよく知る人に尋ねるのもいい方法。しかし、印象や感じ方は個人差があるので、その点を考慮した上で。

インターネットで現地の情報を
官庁の公式発表の情報から旅行会社のツアー情報、ホテルやチケットの情報、個人の旅行日記まで、さまざまな情報が得られます。ただどこが情報を発信しているのかなどを注意し信頼性を確認してください。

各国の治安状況などが確認できます。
外務省 海外安全ホームページ  http://www.anzen.mofa.go.jp/

各国の最新レートが早分かり。
YAHOO ファイナンス 外国為替表 http://quote.yahoo.co.jp/m3?u

現地の天候はここでチェック
CNN WEATHER (英語) http://www.cnn.com/WEATHER

海外旅行についてすべて網羅しているのはココ♪
『海外旅行情報完全マニュアル』
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。